塞翁が馬

今年の冬は、先日(18日)の大雪までは年末の一時期を除いて異常な暖かさで推移していたので、えんどう豆が伸びすぎるのをずーっと警戒していました。12月上旬に播いているので、発芽が揃うまでの2週間を過ぎた後は、とにかく暖めないように、伸ばさないように管理してきました。この暖かさのまま春になることはないのだから、とにかく耐寒性をつけさせ、特に草丈を伸ばさないようにと。
IMG_0779.jpg
そのかいあってイメージ通りの草姿に育ってきてくれました。

で、1月18日の大雪。一時は道路の除雪された雪が壁になってハウスに近寄れなくなったりしましたが、道をつけ、ハウスや作物の無事を確認し、その後除雪に取り組みました。
IMG_0849.jpg
作物もハウス自体も無事だし、温度は被害が出るほど低温でもないので、雪自体は放っておいても段々消えていくのでしょうけど、
わたわたには焦りがありました。

それは高温害!

ハウス間に落ちた雪が固まり、ハウスサイドの開閉ができなくなって、天候の回復によってハウス内が異常高温になってしまうことを恐れました。なので天候が晴れ基調に回復するよりも前に除雪開始。
全部除雪するのではなく、中央部を掘り抜きました。

そして、ハウスサイドの巻き上げを掘り出し。
IMG_0852.jpg
これで開けられます。

で、予想通りの快晴。ハウス内は30℃越えになりました。が、開けられたので20℃以下で推移。
IMG_0861.jpg
えんどう豆たちには、「まだ春じゃないよ〜っ」と言って回りました。

暖かい日々にあっては寒くなることを想定した管理。
極寒の雪の中にあっては暖かく(暑く)なったらどうするかを考えて対策。
まさに塞翁が馬だなと思いました。
次はなんだろう。
今に驕らず状況をよく観ること、常に次にどう展開するのかをイメージすることだなと思います。

さて、もう一箇所の畑のハウスは50mあるので運び出す除雪は無理です。なので、ハウスサイドの防虫ネットを上げられるように作ってありました。まず巻き上げを掘り出し、ネットを開けて除雪です。雪はハウスに投げ込みます。雪によるかん水を兼ねてます。
IMG_0858.jpg
ナバナも雪のなか。ハウス内に突然降雪。
IMG_0866.jpg
しかしハウスを締め切るとあっという間に溶けてしまいます。
手でひとすくいずつ投げ込むのは大変ですが、除雪機があればハウスサイドの雪はどんどん入れてしまえますね。
除雪機への設備投資を考えます。

冬菜とえんどう豆と低温対策

明朝の-8℃予想に備えて、久しぶりにハウスにATフィールド(あったか畑)を展開。つまり内張りカーテン。
IMG_0779.jpg
写真に映っている手前はスナップエンドウで奥は冬菜。年末にも同じくらいの寒さがあって、どちらも朝方は葉が凍りつくっていうのを経験しているので、それぞれ耐寒性はかなり高まっていると思われる。冬菜は露地でも越冬できるくらい寒さに強いので、通常ならば内張りカーテンは要らない。しかしスナップエンドウは寒さを経験したので耐寒性も高まっているかもしれないが、地面から離れた分だけ、地熱による保護が薄くなるため、凍害の危険があるのだ。

冬菜などのアブラナ科作物はそれ自体が耐寒性が高い作物だけど、越冬時の草姿は葉のみを展開させて茎は伸ばさずに、生長点は低い位置にある。それに対してえんどう豆は茎が伸びたら、生長点がどんどん上に上がっていってしまうのだ。放射冷却によって葉が凍害を受けるような冷え込みがある時、日中に蓄えられた地熱が夜中に放出され続けると凍霜害にならない。なるべく低い位置・地面に近いほど凍りにくいわけだ。えんどう豆の草姿はちょっと不利なのだ。

明朝の冷え込みは、今日の朝から分かっていたので、今日は昼前にマルチ内のかん水チューブで水やりをし、乾いてみえるところはジョーロで部分的に散水した。湿り気のある土は比熱が大きいので湿らせることで日中の温度を蓄えておくことができるのだ。
日中晴れたので一時的に換気したが、午後は雪雲が被ってきたのでハウスサイドは早めに閉めて保温した。夕方には内張りカーテンを展開。内張りカーテンは放射冷却を防ぐ効果、すなわちハウスの中から外へ向かって逃げる熱(赤外線)を遮断して内部を保温する効果がある。しかしカーテンさえ閉めれば自動的に保温されるってわけじゃない。保温カーテンが保温性を発揮するために、カーテンを閉める前にやっておくことがあるのだ。

光と地温と空気(風)と水、そして作物の組合せ、またその組み合わせるタイミング。どんな作物のどんな育て方の手法を使おうと、そこに常に自然の理はあるのだ。見えなくともそこに在るものに目を向けるかどうか、活かそうとするかどうかが自然農法というのだろう。無なんとか栽培をやれば自然農法なんじゃないよ。自然農法は農法ではなく、全ての農法は自然農法の一部なのだ。

We weed

6月29日に播いた大豆(鞍掛と黒大豆)17aの初期除草の適期になったので、株元をQホーで除草&土寄せをしました。4月から3回の耕耘で大豆が優先するように準備をしてきたので、この時点で大豆と雑草に生育差が出来ています。この状態で土寄せを株元にすることで大豆のみが残り、さらに乾土効果も加わって大豆の生育が加速します。そして、大豆の播き条で大豆が完全に一人勝ちする状態にしてから、条間を管理機で中耕培土するのが、Happy village farmの自然農法です。
IMG_9464.jpg
管理機に依る中耕培土で雑草を抑えることは耕種的防除の範疇ですが、単に機械を入れれば雑草を抑えられるものではないのです。ここまでで大豆と競ってくる雑草がない状態にしておくこと、生育差が出来ていることが大前提。生育差があるので、直接管理機で培土しても大豆が優先するのですが、大豆が弱めのところは残った雑草が大きくなってしまう場合があります。大変でも最初の1回は丁寧に1株1株を除草して、その場その場の状況に合わせて大豆が優先するように大豆と土との関係を調整するのです。あるところは足で土寄せ、あるところは手でちょっと大きめの草を抜き取る、寄せる土の高さも子葉がギリギリ出ているところまで。これで数日後、大豆が反応して動いてきたところで条間を中耕培土する予定です。

今回の除草の適期も数日しかありません。大豆の大きさに雑草がおいていてしまうと、培土しても埋まらなくなり、手遅れ状態で株元除草すると時間は倍増し、大豆の根も傷んでしまったりしてふんだり蹴ったりになってしまいます。
除草剤を使わないから自然農法なのではなく、耕耘や除草のタイミングや方法を大豆と畑(土)の状態に応じて相応しくことにあたり、また現場の自然を読み解いていくから自然農法なのです。
1株ずつ回ることで、場所による土の固さや湿り具合、粒形の大きさの違い、雑草の草種や大きさの違いなどが分かりました。今後畑を使う上で重要な情報です。畑の個性を把握する意味でもかけたい手間だと思うのでした。
IMG_9466.jpg

ちなみに例のアレチウリの畑なので、とってもとっても出て来ます。アレチウリは1株も漏らさず確実に抜き去る必要があります。これもいきなり培土できない理由です。1枚目の写真、Qホーの横に抜かれているのがアレチウリです。こやつらだけは大豆より大きくなるのが速いのです。

暑くて暑くてちょっと挫けそうになりましたが、頑張りました。

カレンデュラ

トマトのハウスでキンセンカ(カレンデュラ、Calendula officinalis)が満開です。自家採種したものなので色々な色のものが出ています。通常切り花用として販売されているものはオレンジ色の八重品種なのだけど(仏花として使われることが多いため)、色々な色のミックスされたガーデン用品種をタネ取りしたので、色はもちろん、株の大きさも高性から草丈の低いものまで色々出ています。中には切り花に使えそうな茎長がとれる珍しい花色のものもあり、実に楽しい。日々魅了されていて、花栽培をやってみたくなります。
10501768_874425865969642_5534791660658349297_n.jpg
そもそも何故トマトハウスに植えたかといえば、アザミウマ対策なのです。カレンデュラにはアザミウマが発生しています。トマトより好きなのだと思います。で、そこにアザミウマの天敵のククメリスカブリダニも施用してあります。今のところ、カレンデュラにアザミウマはうじゃうじゃいるけれど、花に直接の被害らしきものはなく、トマトにも被害果が広がらないところをみると、ククメリスが適度にアザミウマの大増殖をおさえているように思われます。一応狙いどおりでした。同じくアザミウマの天敵であるタイリクヒメハナカメムシも定着できるのか、試してみたいところです。
ところでキンセンカって暖地では冬春の切り花になるということは日長反応は中性ってことと思われます。ということは、高冷地ならお盆や秋の彼岸用の切り花としても作れる可能性があると思います。天敵の増殖と合わせて試してみたい作型づくりです。

摘心適期

緑肥マルチ栽培のカボチャは本葉6枚目が出つつあり、摘心適期になっています。今日は久しぶりの雨でしたが、それまでの乾燥に耐えてよく生長してくれました。小満で定植し、芒種から蔓伸びと見ていたので、ほぼ予想通りの生育状況です。蔓伸びといっても、子蔓2本仕立てにするので、親ヅルには伸びて欲しくはないわけで、6枚の葉を確認したら、とっとと摘心したいところなのでした。

しかし、緑肥マルチ栽培とはいえ、摘心すると一時的に体内生理が乱れるためにアブラムシを招きやすくなります。乾燥が続いている状況でアブラムシが若干いる状況で、アブラムシが増えやすい生理状態をつくることはやばいのです。というわけで、今日の雨を待って摘心するのが現状ではベストの選択になるかと思います。
IMG_9183.jpg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。