よく分からないことだけど

何となくそう思えるもの。自分の思惑ではなく出会うもの。当初の思惑とは全く異なる方へ展開していくもの。



自分が頭で描いた計画とか、その思惑を押し進めようとすることや他人をその枠組みに入れようとすることとか。


前者は行き当たりばったりの人生。でも結果、今の自分につながっているって思える。

後者は着実な人生設計とか夢を追いかけると言えなくもないが、計画から外れれば苦しいし、もし上手くいってもそれは自分で決めた枠組みや思惑以上の結果は出ない。
そもそも自分の努力だけでどうにかなる計画なら本当に自己満足の世界、結果だけが楽しみってこと。自分の思惑で他人を動かすっていうのはどこかで破綻する。むしろ思い通りに他人が動かず、トラブルやハプニング、時のいたずらなどで、結果として前者の道へ進むか、それでも自分の思惑が強ければただ辛く苦しく疲れる人生になる。

未来は漠然としている。計画して事がその通りに進むってことはないように出来ている。
計画は今までに得た知識や人間関係、環境に基づいて作る。数週間とか数ヶ月とかは良いとして、1年先のことなんか、進んでみないと分からない。賢い人はその都度修正すれば良いと言うだろう。企業や組織の計画なんかはまさにそうなっている。修正に修正を重ねて、一定のところまで進んで出た結果を、当初の目標の何割達成とか評価する。評価が絶対だから、最初から実現できそうな目標設定で仕事をする。この考え方は自然だろうか。

生物の進化は当初の計画なんて存在しない。
その都度のつぎはぎ。かつてある目的に使っていたタンパク質のアミノ酸配列が、異なる方向へ進化した生き物では全く別の目的に利用されているというのが普通。
マメ科植物の根粒の中は、極めて低酸素状態にしておかないと根粒菌の酵素ニトロゲナーゼが働かず窒素固定ができない。そこで宿主のマメ科植物は根粒を包む組織内に酸素と特別に強く結合するタンパク質(レグヘモグロビン)を作って根粒内へ高濃度の酸素が入るのを防ぎ、同時に根粒菌に適正な酸素を供給している。そのタンパク質は動物のヘモグロビンと同祖の遺伝子から作られている。だから根粒の中身は血のように赤いのだ。この遺伝子自体は生物界に広く分布するが、全ての植物種が持っているわけではない。マメ科の祖先はたまたま祖先から受け継いだヘモグロビンをつくる遺伝子を持っていて、これをリゾビウム細菌との共生に利用し始めたのだろう。植物は血液がないので本来は不要な遺伝子。多くの植物では進化の過程でそぎ落とされたのだろう。結果OK。

このレグヘモグロビンの構造と機能が発見されたのは20年くらい前。わたわたは学生(卒論生)だった。当時、博士コースの先輩がすごい発見だ!と興奮して話してくれたのを覚えている。その先輩は農学の研究者でありながら、全く農業に関心がなく、わたわたの卒論を書いた研修室はまるで理学部って雰囲気だった。わたわたはその環境が嫌で嫌でたまらなかったが、研究の世界がどんなであるのかに触れる貴重な時間だった。今にして思えば。

こんなの自分が求めている農学部じゃない!って逃げ出すこともできたが(卒論は必修ではないかったので)、そこに何か感じたのだろう。当時は何でも理詰めで考えてしまう人間だったはずなのに、なぜか1年半の植物生化学研究室をやり通した。今、かなり役に立っている。結果OK。


頭の中で回した思考だけで未来を計らないこと。今、役立つかどうかは分からなくても、これは大事と思えることをやっていくことかなと思う。よく分からないことだけど、どこからか湧いてくるそう思える感覚。思惑のない人との関係、そして巡り会う出来事は大切にしたらいいのだろう。今の自分が過去の自分の歩みの集大成であることは間違いない。それは自分で認識できることでもそうだし、無意識とかDNAレベルでも過去の時間の積み上げで今がある。同じように今、周囲にある関係も全てが過去の総決算。

そして今からすることの先に振り返って意味を考えることのできる未来がある。あの時が分岐点だったねとか、貴重な体験だったねと思える過去を今、つくっている。意味づけは未来の自分(たち)に任せよう。

コメント

生物の進化の話、レグヘモグロビンの話は目うろこ!
へえ~、そうなんだあ。
それが、自然の理なんだから、
人間も、いま、あるもので、精一杯生ききるだけ。
今晩集まったチームの方々と話題にします!
(全円分度器の話もね)
2011/08/18(木) 09:47:14 |URL|なかてぃ #- [編集]
>なかてぃさん
鳥類の翼ももともと空を飛ぶためのモノではなく、は虫類の一部の種族の寒さから身を守るためや雌に派アピールするための毛(羽毛)を飛ぶために流用したたという説もありますね。
2011/08/19(金) 12:49:39 |URL|わたわた #ffuQZg8I [編集]
はーい、わたわたさん、こんにちは。
この日の夜、もりのいえスタッフ、なっちゃんの古民家に
くらちゃんたちと泊まりました。
わたわたさん(の魂)も来てたでしょ。
遺伝子進化の話で盛り上がりました。

12年で一周の「木星暦」って作ってみてもいいかも。
2011/08/23(火) 12:13:31 |URL|なかてぃ(わたわた代理入力) #- [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。