水星と冥王星の結び

地球暦を居間に掛けて5ヶ月。今朝、下の子Cは「今日は水冥結びだね。でも地球ピンをさす場所が間違っているよ」と言う。教えてくれたお礼に、Cの誕生日をHeliostera mobileで表示してHeliocentricな星読みをプレゼントしてあげた。この子はこういうのを結構マメに覚えるやつなので面白い。

さて、今日は職場に70数名の団体さんがバス3台で見学に来た。人数が多いので、二手に分かれてもらい、圃場見学とプレゼンとを交互に行うことにして準備していた。

しかし10時のはずが、到着11時。10時半頃、あまりに遅いので連絡したところ、遅れているし、雨も降っているので畑の見学を取りやめにして、全員で1回でプレゼン説明を聞いて終わりにしたいとの話になった。

慌てて大会議室の机と椅子を並べ替えて、70数名が座れるようにした。
そして1時間遅刻して到着。

圃場説明と交互なら25分でプレゼンしなければならないが、わたわたは前もってプレゼン用パワポを25分版と40〜50分版とを準備しておいたので、対応できた。なぜそういう準備したのかは全くの勘。


代表の人は、もごもご話す人で何を言っているのかよく分からなかった。どのくらいの時間でプレゼンして欲しいかも言わず、挨拶もそこそこに説明をお願いしますということでプレゼンが始まった。

プレゼンは45分でキッチリ仕上げた。圃場見学をしなくてもエッセンスは伝わるようにと、全体を俯瞰した自然農法って何?っていう話と、それを個別の栽培方法に活かすとどういう技術になるのかを説明した。
何人かはなるほど〜って顔で聞いているようだった。しかし半分くらいは表情がない人たちだった。2割くらいは寝ていた。

質疑応答も2つ。もっとありそうだったが、代表の人が立ち上がって質問を打ち切り、自分の感想を述べた。
そして、まだわたわたはプレゼンをした机のところに立っていたのだけど、
代表の人は、次のプルーベリー刈りと昼食とのスケジュールの連絡をして、バスに速やかに乗って下さいと話した。

あ〜、終わったんだ〜と思って壇を降りるわたわた。
そういえば、普通、こういう場合は「ありがとうございました」パチパチパチ・・・・ってなるよなって思いつつも、特に何の感情も動かなかった。

団体さんは、次のブルーベリー刈りへ出発していった。

物理的には朝から散々振り回された。そして最後にありがとうの一言もなかった。
わたわたの方からは言ったけどね。


今日は水星と冥王星の結び(合)。太陽の声を熱心に聞き、情報・コミュニケーション・気づきの星が水星。遙かなる銀河の声を伝え、歴史を達観し、節目節目を伝える冥王星。その2つが結ぶのだから、水星は冥王星がもたらすメッセージを受けて、必要な情報を集めに行く出発の日ということになる。これは太陽系全体に流れる雰囲気であり、個人の中においても遙かなるもの、節目、長いスパンのテーマなどに対して気づきを得る日なのだ。

さて、今日の出来事に何を見いだし、何を学ぼう。

まずこちらのやるべきことはやったなって思う。本当に淡々と対応した。
ある職員は非礼な人たちだったと言っていたけれど、わたわたは何の感情も動かない。
あの団体さん、後のブルーベリー刈りも昼食もきっといろいろあっただろうな。こちらの心が澄んでいたら、何も巻き込まれないんだな。物理的には振り回された格好だけど、それで痛い目にあったわけでもない。むしろ代表の人の観察やプレゼンを聞く人たちの冷静な観察が出来て面白かった。こちらに思惑がないと、どういう展開になるのかを経験させてもらえたように思った。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。