惑星会合

チーム地球暦の惑星会合がありました。
惑星会合
太陽系を意識した人間のあり方、思考を自ら実践した3日間でした。ひたすら濃かった。

地球暦的発想では、人間社会にも、個々人の中にも、惑星の個性があると認識する。

情報・コミュニケーション・気づきの水星、芸術・表現・感性の金星、生活・現実化・多様性の地球、情熱・行動・挑戦の火星、ムード・発展性・助け合いの木星、秩序・構造・枠組みの土星、科学・転換・改革の天王星、
夢・信念・精神性の海王星、超越・再生・創造の冥王星。

チームとしても個人としても、これらの要素が会合の様々な話し合いを通して確実に磨かれたなと思いました。

2010年までの地球暦は、開発者の杉山開知氏の独創性とそこを交差点にして集う様々な能力を持つ人たちという緩やかな連携で進んできました。そして進みながら、地球暦とは何かを深めてきたのでした。その中で見えてきたものは、地球暦は銀河からの贈り物であるということ。そうなると、出版社での製本という制約は誰の物でもない贈りものであることを体現することの枷になってきました。

地球暦が深まり、地球暦はオープンソースやコピーレフト・パブリックアートでこそ意味があることに軸が定まることで、2011年から地球暦=開知くんをチームのものにしていく移行が始まりました。無償配布・ドネーション性になることで、商業的に地球暦を利用しようという人たちが離れていったそうです。そして今回の会合で、2012年からは完全にチーム地球暦として創作し、配給していくことが確認されました。

そしてチーム地球暦は、会社やNPOなどの組織ではなく惑星型コミュニティであり、新しい時代の組織論、文化を創る試みであることも確認されました。自由とは各自の由があるということ。それぞれがチーム地球暦に関わる由において、役割が定まり、モチベーションが上がり、才能が開花する。それは個人のためであり同時にチーム全体の多様性・価値を高めていくもの。自由と共有の融合です。実際には各惑星のテーマに関連した惑星名の小チームをつくり、それぞれがまさに自転しながら活動し、惑星同士で会合しながら発展させていく。まさに太陽系ですね。


今回の会合を通して、感じたことは、
参加メンバー皆が、本気で地球暦に取り組む意識をもっていること、
それぞれの人となりやこれまでの歩みがこの日のために用意されてきたこと、
目指すのは、物理的・現実的なモノの普及ではなく、人間一人一人の目覚め、銀河の視点をもって日常を生きることへの誘いであることがシェアされたのではないかと思っています。
チーム地球暦は、木の花ファミリーや信州ぷ組と同じく、1つのコミュニティであり、この星の歩みに表現が1つ増えたのだと思いました。

そ・れ・に・し・て・も、
「来年の5月21日の金環食(その前後一ヶ月付近で宵/明の明星が最高になる)、そして6月6日の金星の太陽面通過に向けて、一大キャンペーンを広げよう」って、金星のことを本気で考えてる集団って何ですか、この人たち(笑)。
今までの世の中の常識、自分の損得の世の中ではあり得ないことだけど、純粋に太陽系を身近に感じることを広げたい、そのことに本気で取り組んでいる本当に変な人たちだな〜っと思いました。あっ自分も一員でした。

ある人は、地球人類が太陽系を意識し、銀河の視点を持つようになることが、宇宙の星々を進化させていくことになるんだよ、宇宙と自分たちは一体だからとさらりと言い、それはその通りと認識を新たにするメンバーたち。
これは話題を変えながら、何度も出てきたテーマでした。わたわたの中にここ数ヶ月の中で育ってきた意識と同じなのでした。

とりあえず、先日のブログに書いたアイデアやいつぞや書いたHeliocentricにGeocentricを統合する案などは
役に立ちました。今後具体的には農事暦や育土履歴を円盤配置にしていくことのひな形をいくつかつくり、地球暦の農業利用についての創作をしていきたいと考えています。

惑星だけにわくわくします。本当に楽しみです。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。