キャベツ定植

7/21からキャベツ試験区の準備が本格化し、やっと今日の定植にこぎ着けました。
キャベツ準備3
7/21の化学肥料区の施肥の様子。
試験区なので、自然農法栽培だけでなく、化学肥料を用いた区画を対照区として作ります。
地域慣行施肥基準に基づいて窒素成分14kgの施肥。けっして多くないと思いますが、一面に化成をまくのは何か気持ち悪い。本当はECか硝酸態N測って、それに基づいて尿素単肥で施肥ってのがいいんだかどな〜。

昨年、定植後にかん水がうまく届かず、一部の苗にかなりのダメージがありました。
そこでかん水設備を改修。
キャベツ準備4
この立ち上げを切って、
キャベツ準備5
横にホースを接続できる形に直して、ホースでスプリンクラーをどこでも移動させられるようにしました。ついでに蛇口もつけてみたり(^_^;

キャベツ準備1
圃場準備終了(7/24)の様子。

キャベツ準備2
おっと、スプリンクラー側も手直し。ホースが横からくるからね。

キャベツ定植7月25日
今朝は朝4時半から苗を並べ、5時半に植え方スタート。他のチームの方々にもお手伝いいただきました。

キャベツ定植110725自農
自然農法区はライムギ跡地を表層耕耘し、耕起していない土層に定植します。いわゆる溝底植え。そして有機培土を使って根張りを先行させた大苗を植えることが基本です。

キャベツ定植110725慣行
地域慣行基準の区画は128穴セル育苗です。1週間遅くタネまきして同じ日に植えられるように調整してあります。この苗の培土(し○の園芸培土)、ちょっとでも水やりを控えると凋れます。どんだけEC高いねん!
当然、根毛はありません。
1日3回、問答無用でじゃぶじゃぶ水やりが前提らしい。その設計思想がすごい。わたわたにはできません。

植え終わったのは10時前でした。最高記録。段取りが良かったし、みんな手際が良かったです。
キャベツかん水
人がたくさんいたので、スプリンクラーを設置している間に手かん水をしてもらいました。これで凋れることはないでしょう。

そしてスプリンクラーを回し始めたとたん、波田地区は雨が降り出しました。
雨で写真撮れなくなりましたが、しっかり畑は湿りました。大変ありがたかったです。
まさに雨を呼ぶかん水。人事を尽くして天命を待つ・・・・雨の水技(あめのみわざ)でしたね。

コメント

そうっすね。午前中、ひ~ひ~言いながら液肥、潅水したら今しっかり雨。これでちっとは回復してくれるといいな♪
2011/07/25(月) 16:33:02 |URL|ばかぼんのパパ #- [編集]
かん水はどうやっても雨にはかないませんね。成分はほとんどないのに雨で植物が回復するのはなぜ? 量や温度だけかな、本当に。実は前々から課題にしたいテーマなのです。
2011/07/26(火) 05:14:36 |URL|わたわた #ffuQZg8I [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。