連続栽培の様子

わたわたファームの様子。ライムギから葉ものへ連続移行したレタス畝がもうじき収穫になるところ。
わたファームレタス
虫喰いもないし、レタスはこの栽培方法と相性が良いらしい。EC100以下の無施肥栽培でもちゃんと生育することが実証された(但し日数は2週間くらい余分にかかってる)。だってライ麦が育っているんだから、ライ麦が養分を取り尽くす前にその環境をレタスに置き換えれば育つはずじゃんっという発想。

コマツナはライ麦を刈り敷くタイミングを逃した。わたわたの見立てで5~7日くらい遅れた。その後の少雨で伸び悩んだ。伸び悩むのは根がいじけているから。その状況ではハムシくんが穴をあける。しかし梅雨入り後から急速に回復。そうなるともう虫は着かない。
わたコマツナ
虫は食べない。人間は食べているけど、食べるのが追いつかない。毎日コマツナ生活。
普通のコマツナ栽培の倍日数かかっているだろう。
C/Nが高いせいか、茹でても炒めても小さくならないコマツナ。

そしてコマツナ収穫した開いた場所にはピートン定植(完熟ピーマン品種)。コマツナこれだけ育つんだから、ピーマンだって育つでしょ式栽培。


トマトはライ麦をやや大きくして刈り敷き後に定植。まだ葉色は良くない。
わたファームトマト
第一花房開花したところだから、まだ葉色はこんなんでいい。ここは土手草を刈って敷くかな。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。