こんなのもあった

pHとECから塩基飽和度を推定して、さらにCECを推定する方法。2通りありました。
塩基飽和度推定値=28.7 × pH + 41.8 × EC - 92.9
塩基飽和度推定値=35.8 × ( pH + EC ) - 130.4

どちらも塩基飽和度の実測値が100%近いときに精度が高く、
塩基過剰土壌ではやや低め、塩基不足土壌では高めに出るらしい。

で、これらの塩基飽和度推定値と石灰、苦土、加里の当量濃度の実測値を使ってCECを計算する方法が、

CEC推定値=100 ×(石灰+苦土+加里)/塩基飽和度推定値

です。手持ちのデータ3つくらい試したところでは、この数値の方が、先日の式よりも精度が高いなと思われました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。