たかあまのはら

宇宙の始まりは一瞬のことだった。
その瞬間に全ての仕掛けが出来上がった。

まず宇宙というかこの世界そのものが在るということが全ての始まり。
在ることにしたが、それだけではそこには何もない。世界が在るということだけがある。同時かやや遅れて空間と時間が現れる。これで初めて在るということが具体的に表現される。具体的に宇宙が在るが故に仕掛けが働きだし、空間と時間に関係が生まれる。最初に出来たのは関係・ルール。

ルールに基づいてエネルギーの元が生まれた。その進化が始まったのは幾分か後になる。もともとエネルギーの元からは、物質を生み出せもするが、また物質でないものへ帰ることもできた。しかしこの世界のルールは物質を多く残し、帰る先の世界との間に垣根を設けていった。

何段階かの垣根が整備されて、やがて物質を生みだし、進化させていくルールが定まった。最初の世界が在るための仕掛けは、もっぱらそのルールに沿って展開していくことになった。そして物質が生まれた。その時点で物質でないものとの境は確定し、物質は既に出来ていた物質と物質の関係から自己進化していくことができるようになり、ついには星が生まれた。

何回もの星の形成と爆発を経て、星の宇宙が進化し、銀河が生まれた。

天の川銀河の片隅でも、星が星を生み出すサイクルが継続していた。
さぁ、この地に新たな星を生みだそう。星が星を生む気運が充ち満ちていった。

それは太陽系の誕生であった。
太陽の続く限り、太陽を生み出したサイクルのもとに、太陽の支配する領域の全ては預けられている。

地球をこの位置へ置くのもその一環であり、地球上の全ての存在もまた太陽系の表現の1つである。1つ1つのもの・存在があるように見えて、実は全てこの星・地球の一部である。八百万のものものたち全て、大きな表現を担う役割をしていること、それは太陽系が休みなく動いている、銀河がそこにあるということと同義である。


人間の日々の生活。その中で出会う1つ1つを全うしていくこと。それが地球の活動の一部という認識をもって捉えれば、土星が約30年かけて太陽を1周する動きと何ら変わらない。我欲やいざこざや駆け引きもその役割故に与えられているとしたら、木星に落下して旅を終える小彗星と同じ。どれもこれも太陽系の出来事。我欲や駆け引きの中にいたら、それは見えない。見える位置までスケールを広げて、起きていることを冷静に捉える。一人で出来なければ、人から学ぶ。そうやって自己コントロールをすることは太陽系全体のバランスをとっているのと同義なのだ。


---
というのが、わたわたの大祓詞(おおはらえのことば)=天津祝詞(あまつのりと)に対して湧いてきたイメージを文章で表現したもの。

「たかあまのはら」というのは、神道の大祓詞に出てくる言葉。一ヶ月半くらい前、「たかあまのはら」という単語が頭の中に湧いてきて、一体何だろうと思っていた。地球暦を学んでもやもやしたイメージが湧くようになり、先日それが何だかはっきりした。これは心のあり方、物事の捉え方についての宣言なのだなと。

神道の説明や解釈はいろいろあるのだろう。いざなぎのみことといざなみのみことの神話の後半部分で、いざなぎから天照大神が生まれる場面だとか、ネット検索して読んでみたけど良く分からなかった。直接表現している内容はそうなのかもしれない。しかしイメージで湧いてきたのは、これは「心のあり方の根本をどのように置くのか」を宣言したものだなということだった。
人間が人間に対して言うという狭い話でなく、宇宙の在りよう(=神さま)の進化を表現し、この世界の全ての存在に対して、その秩序や役割に目覚めていくことを呼びかけていると思えた。

ちなみに、たかあまのはら(高天原)とは神さまが住んでいるという原っぱ。そこには神殿もないし、ミスターポポもいないらしい。

---
「おおはらえのことば」
たかあまのはらに かむづまります
かむろぎ かむろみのみこと もちて
すめみおやかむ いさなぎのみこと 
つくしの ひむかの たちばなの
おどの あはぎはらに
みそぎはらひたまひしときに あれませる     
はらへどの おおかみたち  
もろもろまがごと つみけがれを
はらへたまひ きよめたまへと まをすことのよしを
あまつかみ くにつかみ やほよろずの かみたちともに
あめのふちこまの みみふりたてて きこしめせと
かしこみ かしこみも まをす 

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。