心と微生物

今日もわたわたはEM撒布でした。まず東松島市の保育園へ行き、遊具や園庭に撒きました。そこは海からの津波が直接ではなく、用水路や小河川が逆流して、泥が上がったところでした。床下浸水から床上ちょっとくらい。泥の厚さは多いところ5cmくらいあったでしょうか。臭いはそれほどきつくないけれど、街中がじめっとしていました。またこれが乾くと細かな埃となることが予想されました。大きな片付けは済んでも、埃が落ち着くのは時間がかかりそうです。土着の土壌微生物が活動し、粘土鉱物と結合したら飛びにくくなるし、もし埃を吸い込んでも、それは元もとそこにいる菌だから、害は少なくなるかも。保育園だけに子どもたちのことを想いながら丁寧に撒布しました。

次に重油を被った被災地へ2回目の撒布作業に行きました。泥出し隊では、男手による泥出し作業とともに、女性隊員による食器の洗浄や整理をお手伝いしていました。女性隊員はおばあさんの食器洗いを手伝っていました。

5/8の1回目撒布時にヘドロ汚れに対してはEM活性液に漬け込んでから洗い流すようにアドバイスしていました。EM活性液をたっぷり提供しておいたので、それを取り出して水洗いしながら食器を仕分けていました。後で聞いた話では、女性隊員は、1枚1枚のお皿の思い出を聞きながら仕分けていたそうです。こちらが何か言うのではなく、話を聞くことで、おばあさんと心が通じ合っていくことが分かったそうです。何十軒、何百キロのヘドロを掻き出すという作業をこなす支援も大事ですが、こうした心の交流を通した支援活動は、我々のグループだからこそ出来ることではないかと感じました。

そんな心が通う関係の場は、共存発酵の世界です。その日、撒布現場周辺のヘドロが乾き始め、泥まみれの米が緑色の妖しい腐敗色ではなく、茶色の堆肥のようなボカシのような色になっているところを見かけました。黒一色の中に確かに自然の回復の兆しがありました。人の心の回復と共鳴していたのかもしれません。

このお皿片付けは5/11も行い、女性隊員が「明日帰ります。ありがとうございました。」と言った時には、おばあさんは泣きながらお礼の言葉をかけてくれたそうです。善意というのは人の心を解し、人と人との心の交流、つながりを再生させるものなのでした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。