カボチャ摘心


今日は朝から雨でしたが、午後には止んだのでカボチャの親ヅルを摘心しました。昨年までは1本仕立てでしたが、ほとんど施肥をしなくても草勢がまさり過ぎて果実肥大がいまいちになってきたので、今年は子づる2本仕立てにすることにしました。
摘心は本葉6枚目から8枚目の間。先週金曜の時点で6枚目が展葉してきていましたが、あのカラカラ天気で摘心をしても側枝が伸びることはできず、アブラムシを増やす結果になりそうなので、雨が降るまでを見合わせていました。緑肥エン麦の刈り敷き(マルチ)、降雨、そして摘心と順番に進めることで、地力の放出、有効化、子づるの伸長と順序よく生育を進めたいと考えています。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。