カブトムシ小屋



近くのブルーベリー園からつがいのカブトムシをもらったので、下の子Cが飼い始めました。プラスチックのケースで飼うと、腐葉土とかを入れても、湿度がこもったりし、温度が上がり過ぎたりして病的な環境になります。それに虫臭い。そこで外で飼ったら?って言ったら、そんな場所はないだろうというので、あり合わせの部材を使って、カブトムシ小屋を作ることになりました。思い立った日曜日の夕方2時間、あとは昼休み2時間を利用して作成。ここのところの毎日日曜日生活(=サマータイム)のおかげ。

小屋の底は深めの園芸用トレイ(底が網になっている)をはめ込んであり、地面を10cmちょっと掘り下げて設置。壁は内側は木、外側はポリカ波板。土が木に直接触れないように出来ています。側面からは観察できないけど、中は結構涼しい。腐葉土をたっぷりいれてあるし、土中にメインの住み処があるせいか虫臭くならないようです。卵、生むかな。

欠点は日中は腐葉土の中にいるので、夜でないと虫を見れないこと。Cは懐中電灯をもって見に行ってました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。