育苗から学ぶ



いない間に鉢上げしてもらったナスとトマト。苗姿を見ると、何をしたのかはおおよそ分かる。ナスはちょっとだけ早かった。が、その後の管理はまずまず。根張りが優先しているので良い。点数で言えば78点。

トマトは完全に人間都合優先だったようだ。根がついて行ってない。もし鉢土がみかど培土でなかったら、完全にアウトだっただろう。点数で言えば40点。ここから方向づけをしなおさないといけないかな。

今まで、今年のように育苗を人に任せたことがなかったので、本当にいい勉強になる。今まで何を伝えてきたのかの結果をいただいていると思う。

観察に基づく考察をすることと考察から筋道・方向を見出して実践すること。わたわたは、色々な理屈をこねるが、結局伝えたいことはそれだけなのだなと気づいた。具体的な技術や判断能力は、やっていくうちに自然に高まる。高まるためには、どういう視点でやっていくかが伝わることが何より大事なのだと思った。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。