辛こしょう



伊那の直売所グリーンファームで買ってきた「辛こしょう」。ピーマンみたいに見えるけど、これは唐辛子。辛さはそれほど強くないです。ちなみに野菜研究家の青葉高氏の著書によれば、「トウガラシのことを九州、中国、中部地方の一部ではコショウと呼び、東北、関東、北陸、山陰地方の一部ではナンバンと呼んでいる。唐辛子は関東中心の呼び名で、江戸時代に著された『成形図説』に九州では胡椒と呼び、東北の国々では南蛮と呼ぶと記してあり、当時の呼び名が現在もそのまま使われているわけである」とあります。わたわたの知るところでは、北信地方ではナンバンという呼び名も使われていて、新潟にはほぼ同じような形状で神楽ナンバンという品種があり、長野では「ぼたんこしょう」という品種がある。ちなみに中信地区の直売所をのぞくと、「辛こしょう」という名前で先端のとがった淡緑色の唐辛子が売られていることがあり、さらにややこしい状態になっているように思われます。グリーンファームでも「辛こしょう」の名のもとに、「ぼたんこしょう」と「とがりタイプ品種」の2つが並んでいました。後者の来歴はどこなんだろう。

で、わたわたは正統な(?)「ぼたんこしょう」タイプを買ってきました。
で、これを炒めて炒めて甘辛く炒め煮。これでご飯ばくばくいけますうまい!
作っていると家の中、ちょっと咳き込むけれど。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。