みつどもえ



緑肥鋤込みの有無、品種、播種密度(播き幅)の3つどもえのニンジン栽培試験の結果を解析中。予想通り複雑な結果。生き物は決められた仕掛けをきっちり守る機械ではないので、一定の傾向はありつつも、特別な条件のもとでは正反対の対応をしたりする。つまり一般論として耕起や不耕起の効果とか品種の特徴の傾向は言えるが、その畑のその作型での一番良い組み合わせというのは、各要因の一般論の単純な足し算では分からない。無難な育て方が予想できるだけ。やってみて特異な反応があって初めて、その組み合わせの奧で働く自然の妙が発見できるというもの。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。