ダイズ収穫そして祝福



今週はまともな晴れ間が今日しかないということでダイズの収穫をやりました。今朝の最低気温はわたわた家前温度計で0.6℃。雲のおかげか霜にはならなかったけれど相当に冷え込みました。近くの山も初雪かな。日中も10℃程度で寒い北風が吹いていましたが、ダイズ畑は地形的に風は穏やか。かなり防寒していったので寒くなく作業ができました。ダイズは、遅まき限界ぎりぎりの播種だったせいか、樹が茂らなかった。なので莢数は少なかったけど登熟はスムーズで品質は良さそうです。品種は「信濃黒」という黒豆。黒豆味噌にする予定。

畑には数株、晩生種の青山在来大豆が残っています。これは信濃黒の中に数株入れてあったもの。1粒でもいいので自然交雑が出来ているといいな。黒い青山(黒山?)ができる~。ふふふっ、来年播いてみてのお楽しみ。


作業中、穏やかな日射し、安らかな静けさ、ダイズの株もとに入れる鋏の音とダイズのカラカラという音。何て満ち足りた時間なんだろうと思いました。収穫の喜びもあるし、今日という日にちょうど晴れてくれたこともあるし、わたわたの誕生日でもあるし、祝福されているんだなぁと。今日は夕方には木の花ファミリーのみんなから寄せ書きとケーキが届くし、たくさんの家族に祝福されてなんて幸せなんだろう。今、ここでダイズを収穫している自分につながる全ての人やものや過去の時間のおかげで、今ここに生きてこの時間を過ごしているんだな。つながりに感謝だな~っと考えていました。

そしたらふっと湧いてきたこと。
祝福してくれているのは、家族だけじゃなく、地球そのものなんだな~って思い。
そしてそうやって、自分と周りとを区切ると祝福されている/しているという関係ができるけど、そういえば自分も地球の一部だったな。そうしたら、祝福しているのは自分でもあるし、祝福されているのは地球でもあるんだなって。

そうやって毎日毎日が誰かの誕生日なわけで、祝福は地球そのものなんだな~って思いに包まれました。自分が地球の具体的な表現として生きているという実感。わたわたがつくる個性や生き方や活動やつながりっていうのが、地球の表現そのものなんだなってこと。同じように起こり来ることは、それがアクシデントであっても全てが地球の表現と受けとっていくこと。それは地球のリズム。時に変調や変拍子もたくさんあるけど、聞く耳を鍛えればそれは味わい深いメロディなのかもしれない。もっと豊かに、鮮やかに、この祝福の星のあり方を表現していきたいな。心からそう思ったのでした。

---
下記に追記:22:10

木の花ケーキは抹茶黒豆ケーキ・栗入りでした。栗・抹茶・豆はわたわた大好物。本当に美味しかったです。ちーちゃんありがとう。また研修生の青葉さんもリンゴケーキを焼いてくれました。マイミクさんたちからもおめでとうのメッセージいっぱい。
皆さん本当にありがとうございます。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。