畑質問は突然に

今年はやはり暑かったというのは、害虫の種類や動きでも分かる。露地のオクラにはフキノメイガ、オオタバコガが大発生していて、例年霜が降りるまで採れるオクラが今年は終わってしまった。

オオタバコガはトマトのハウスにも侵入し、9月中旬くらいから被害が目立ってきた。仕方ないので、微生物農薬のBT剤とボタニガードで対応することにして、今回で2回目の撒布。1回目散布後に繁殖は減速してきた感じはあるので、これで止まってくれるといいなぁ。

さて、一番道路寄りのハウスを撒布し終えて、ホースを巻き取っていると、横の道を通り過ぎたかに見えた自転車のおじさんが、突然「こんにちは〜」っと声をかけてきた。

わた「はい?」
おじさん「あの、うちのトマト、露地の加工用だけど、まだ結構青いのがあるんだけど、どうして青いんだろね。もう露地じゃ色づかないのかな?」
わた「いえ、今トマトには適温くらいですから、まだまだ色づきますよ。」
おじさん「なんで青いままなんだろう」
わた「夏の終わりくらいに実がとまったやつでも40日はかかるでしょ。まだ日数が足りないんじゃないですか。」
おじさん「積算温度ってやつかい。」
わた「そうそう」
おじさん「積算疲労とか、積算せっくすとか、積算なんとかとかいろいろあるよね。はっはっはっ」
わた「ははははは。それそれ。」(このおやじ〜^^;;)
おじさん「なんか色づきを早くする方法ってないのかな?」
わた「リン酸を含んでいる資材を葉面撒布すると多少早まると思いますよ、要はトマトの体内の窒素が少なくなるように・・・」
おじさん「リン酸入れると、散布機が傷むだろう。」
わた(え? オルトリン酸のことを知っているのか!? 何だこのおじさん?)
「えっっとぉ、リン酸そのものじゃなくて、リン酸カリウムでも、何でもいいんですけど、窒素を含まず、それ以外のミネラル含んでいる液肥ならいいです。要は体内の窒素分を〜」
おじさん「あ〜、分かった、分かった。液肥な、液肥。」
わた(説明させろ〜っ)
おじさん「寒くなってきたら、何かビニールかけたらいいかな?」
わた「べたでかけっぱなしにすると、蒸れて割れたりするので、浮きがけで」「もっと後の時期、朝の気温が13℃くらいになったら夕方にかけるといいですよ。日中はとった方がいい。」
おじさん「分かった。ありがとう〜っ。いや〜、先生に聞けて良かった〜。」自転車漕ぎ出す。
わた(先生って誰じゃいな。っていうか、おじさん、誰?)

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。