信州ぷ組地球暦ワークショップ

弥生朔日、信州ぷ組の地球暦ワークショップがありました。わたわたの信州ぷ組総合勉強会でも少しだけ地球暦で1年を俯瞰した農的自然を捉えるっていう話もするのですが、今日は地球暦そのものについて皆で学びました。地球暦勉強会でなくワークショップとしたのは、基本の話に加えて、5年くらい取り組んでいるメンバーもいるので活用事例を細かく見たり、何かワークをやろうということで企画しました。担当はわたわたとりんご屋すぎやまの杉山栄司さん。15名の参加者がありました。
12112520_952384318216480_3088772378637769125_n.jpg
わたわたが地球暦の基本の話を担当。地球暦は太陽の周りを回る地球の1年を一兆分の一のスケールで写し取った地図を暦としたシンプルなつくりなのですが、そもそも地球そのものがどのように動いているのか、自転と公転が毎日見ている太陽と夜空の景色にどのように映っているのかを説明すると結構ボリュームのある話になるのです。地球と月の話、季節がどうして生じるか、そして二十四節気と旧暦の話が主体になりました。
その後杉山さんのリンゴ暦“Apple compass"と杉山さんがどのように記録をつけているか、栽培の計画や見通し立てにどのように使っているのかをシェアリング。

さらに参加者皆でいろいろ話。印象に残った話題としては、「地球の動きや星のことを考えると、落ち込んだり怒ったりしていても冷静になるっていうか、立ち位置を取り戻せる」。わたわたも「世の中に主義主張や考え方の違いはたくさんあるけれど、人間の考え方の分だけ異なる宇宙や月の運行があるんじゃなくて、地球や太陽系の運行は1つ。それをどう区切るかで様々な暦が生まれる。区切りは人間がつくった視点や約束事。だからお互いに1つしかない地球の運行を共有した上で、そっちはそう考えるんだね、こっちはこうだよと違いを分かり合うことができるのが地球暦じゃないかな。暦1つだけでも人々が共有できるものがあることが今の世で大事な気がするんだよね」と。

最後に宇宙と地球についての動画を皆でみて終了(写真は見ているところ)。
これで冬〜春期のぷ組勉強会関連は全て終了。あとは完全にシーズンインです。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。