カボチャの選抜&たねとり

わた家では春が近づいてくると、貯蔵しておいたカボチャのたねとりが忙しくなります。純粋な調査だと10個も20個も同時に切って、果実の味を確認してたねとりする個体を選ぶのですが、そこは自家用自給用を兼ねているので、1つ1つ味見をしつつ、前のより良いとか劣るとか判断しています。いきなり料理に使うのではなく、一部を蒸かして、味付けなしで味見し、選ぶのです。
IMG_0973.jpg
写真はHappy village farmのオリジナル品種「福ちゃん」と自然農法センターの「カンリー2号」を掛け合わせたものの1つ。カンリー2号はF1品種、福ちゃんは固定種なので、福ちゃんベースでいろんな個体が出現してきましたが、そのなかで小ぶりでずしりとしていたものを選んでおいたものです(花粉は袋がけして自殖させてあります)。この時期でも粉質をそこそこ保っており、果実は小さいけれど、果肉が厚く、加熱した時の果肉色は橙色。とっても甘い。いいです。とりあえず採種対象にしました。

果肉に厚みがあって、味もよく、たねが大きくてたくさん入っていて、日持ちが良いっていうことは、いいことづくめのようですが、こういう個体は果実が大きくなりにくいか、とっても晩生or着果位置が高くなることが多いのです。こんな風にいろんな角度から考えてながら選んでいます。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。