塞翁が馬

今年の冬は、先日(18日)の大雪までは年末の一時期を除いて異常な暖かさで推移していたので、えんどう豆が伸びすぎるのをずーっと警戒していました。12月上旬に播いているので、発芽が揃うまでの2週間を過ぎた後は、とにかく暖めないように、伸ばさないように管理してきました。この暖かさのまま春になることはないのだから、とにかく耐寒性をつけさせ、特に草丈を伸ばさないようにと。
IMG_0779.jpg
そのかいあってイメージ通りの草姿に育ってきてくれました。

で、1月18日の大雪。一時は道路の除雪された雪が壁になってハウスに近寄れなくなったりしましたが、道をつけ、ハウスや作物の無事を確認し、その後除雪に取り組みました。
IMG_0849.jpg
作物もハウス自体も無事だし、温度は被害が出るほど低温でもないので、雪自体は放っておいても段々消えていくのでしょうけど、
わたわたには焦りがありました。

それは高温害!

ハウス間に落ちた雪が固まり、ハウスサイドの開閉ができなくなって、天候の回復によってハウス内が異常高温になってしまうことを恐れました。なので天候が晴れ基調に回復するよりも前に除雪開始。
全部除雪するのではなく、中央部を掘り抜きました。

そして、ハウスサイドの巻き上げを掘り出し。
IMG_0852.jpg
これで開けられます。

で、予想通りの快晴。ハウス内は30℃越えになりました。が、開けられたので20℃以下で推移。
IMG_0861.jpg
えんどう豆たちには、「まだ春じゃないよ〜っ」と言って回りました。

暖かい日々にあっては寒くなることを想定した管理。
極寒の雪の中にあっては暖かく(暑く)なったらどうするかを考えて対策。
まさに塞翁が馬だなと思いました。
次はなんだろう。
今に驕らず状況をよく観ること、常に次にどう展開するのかをイメージすることだなと思います。

さて、もう一箇所の畑のハウスは50mあるので運び出す除雪は無理です。なので、ハウスサイドの防虫ネットを上げられるように作ってありました。まず巻き上げを掘り出し、ネットを開けて除雪です。雪はハウスに投げ込みます。雪によるかん水を兼ねてます。
IMG_0858.jpg
ナバナも雪のなか。ハウス内に突然降雪。
IMG_0866.jpg
しかしハウスを締め切るとあっという間に溶けてしまいます。
手でひとすくいずつ投げ込むのは大変ですが、除雪機があればハウスサイドの雪はどんどん入れてしまえますね。
除雪機への設備投資を考えます。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。