大晦日

大晦日です。普段は旧暦(太陰太陽暦、月と二十四節気の暦)と作物を通した季節の移ろいを感じて生活しているので、数日前まで年の瀬という感じがなかったのですが(旧暦では今は霜月です)、昨日と今日で年賀状を仕上げ、実家に帰省して両親や祖父母、兄弟や甥姪に会ってようやく年末年始なんだという感覚になりました。2015年は3月までは勤め人で、4月から個人事業主(農業)になったのですが、それまでは仕事納めや日曜日・休日が存在していたので、農業に関連した仕事はしていてもここまでどっぷりと畑や作物と一体になる感覚はなかったなぁと思います。

今の自分の感覚からすると、自然の移ろいや息づかいの上に人間活動の相互作用による年末年始や新学期って感覚が上に乗っている感じが分かるような気がします。江戸時代の人は旧暦が普通の暦だったので、月の動きと「ひと月」の感覚が同期していて、さらに太陽と地球の位置関係を示す二十四節気や七十二候の感覚で今を捉えていたのでしょう。今でも中国や台湾では旧正月や立春を重視するし、マヤでは複数の暦を合わせて使ってきたとも聞きました。ここ数日で思ったことは、人は暦の数だけ異なる時間に同時に存在できるのかもしれないってこと。時間や時節をどう意識するかで、自分がここが世界の全てだと思っている枠組みから離れて、相対的に自分を認識できるんだろうなってことです。ベースになっている太陽系の運行があって、その一部として地球の運動があり、地球の一部として地表の動植物があって、その上に人の社会が乗っかっている。私を形づくる物質も私が私と思う思考もその積み重ねと相互作用の上に形成され、私が生きることがまた次の縁を生み出すようにこの世界に仕組まれていると。仕組みとはとても自由であるなと。連綿と続く霜月の日々の感覚だけだとこんなことは考えもしなかったけれど、にわかに年末感や大晦日を意識したら、そういえばそうだなと思ったしだいです。

さて2015年。就農して色々ありました。まだまだ色々の途中であるし、作物を切れ目なくつくるっていうのが在るべく姿と考えているので、振り返ってまとまる気がしませんが、失敗もなるべくして失敗しているし、その都度その時の状況に埋もれるのではなく、見通しを持つように心がけることの大切さを知りました。経営というのは、営みを経て(たて)に繋いでいくことなので、今だけでなく今がどこにつながるか、過去にとらわれるのではなく過去をどこへつなげるのかが大事だなと思いました。そしてどの場面を思い出しても、友人知人、近所の人、仲間、家族・・・皆に助けられてきたなと思います。感謝です。

年が明ければまもなくトマトのタネまき開始です。畑や施設の整備もこれからやることいっぱいです。Webサイトもちゃんとつくります。
皆様、この世界さま、その一員として相応しく働きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ