小麦粉の実力

わたわたピザが食べたい!っという近所の友人のリクエストにお応えして、クリスマスだし、トマトがあるうちにピザをつくろうということでつくりました。トマトの他は黄金カブ、タマネギ、南瓜、キノコ類。さすがに夏野菜満載とはいかないけど、季節の野菜を乗せるのがわた家流です。
IMG_0680.jpg

わたわたピザの台は「パン」タイプです。パン焼き機に捏ねてもらいますが、水の代わりにトマトを潰していれます。粉300gに対して、生トマト170gです。あとはオリーブオイル12g、塩5g、砂糖2g、ドライイースト2g。ドライのオレガノ少々。トロけるチーズを練り込む時もありますが、今回はチーズなし。1次発酵20〜30分、平たく伸ばして2次発酵40分くらい。
 IMG_0667.jpg
で、ガスオーブン180度で下焼きしたものがこれ。

この小麦粉はHappy village farmのオリジナル小麦品種の粉です。実は、今年はじめて製粉したのです。
小麦の育種始めて10余年、育種素材はハルユタカ、南部、ユメアサヒです。ハルユタカ×南部を掛けあわせて選んできた系統にさらにユメアサヒを交配し、草姿と麦粒の色艶で選抜を続けてきました。製粉に出した際、麦粒をみた製粉所のご主人からは「ユメアサヒに似ているね」と言われました。そうです。当初の狙い通りの硬質小麦になりました。なので製粉してもフスマの細かくなったものがまじり、あまり白い小麦粉になりません。でもその分、小麦の風味は強いということで。
で、今回実際に手でこねてみてそのグルテン形成力を実感。
べとつかずにまとまる、伸ばしても割れない、そして戻る^^;
伸ばしても伸ばしても、戻るんです。うおーっ、生きてるようだって叫びながら伸ばしました。

嬉しいです。
小麦の育種を始めて以来の、いえもっと前、学生時代に小麦に情熱をもやしていらっしゃった農家さんのお話を聞いて以来の、
もっと遡れば、子どもの頃見ていた未来少年コナンのラナちゃんの故郷ハイハーバーの小麦畑やパンに憧れて以来の夢が適ったんだって思いました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。