タネとり

旬の時期にタネ取りするトマトとは異なり、唐辛子のタネ取りは果実を干しておいて、乾燥してから行います。生の赤い果実からでも取れますが、この方が完熟したタネになりやすいです。
IMG_0559.jpg
写真は鷹の爪から出て来た少し大きめの香りの良い唐辛子。結構辛いので捨てようと思ったのですが、トラットリアガブリエルさんとその常連さんたちに何故か受けてしまったため敗者復活戦で勝ち残りました。確かに辛いけど香りが良いのです。
タネは結構とれました。

こちらはカボチャのタネの取り出し。
IMG_0619.jpg
タネの周りのわたの部分はなるべく除き、重曹をまぶして良く揉みます。重曹がペクチンなどのタネの周りのネバネバ物質を分解するため、水洗い・間相互、タネの周りにオブラート状の膜が出にくくなります。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ