We weed

6月29日に播いた大豆(鞍掛と黒大豆)17aの初期除草の適期になったので、株元をQホーで除草&土寄せをしました。4月から3回の耕耘で大豆が優先するように準備をしてきたので、この時点で大豆と雑草に生育差が出来ています。この状態で土寄せを株元にすることで大豆のみが残り、さらに乾土効果も加わって大豆の生育が加速します。そして、大豆の播き条で大豆が完全に一人勝ちする状態にしてから、条間を管理機で中耕培土するのが、Happy village farmの自然農法です。
IMG_9464.jpg
管理機に依る中耕培土で雑草を抑えることは耕種的防除の範疇ですが、単に機械を入れれば雑草を抑えられるものではないのです。ここまでで大豆と競ってくる雑草がない状態にしておくこと、生育差が出来ていることが大前提。生育差があるので、直接管理機で培土しても大豆が優先するのですが、大豆が弱めのところは残った雑草が大きくなってしまう場合があります。大変でも最初の1回は丁寧に1株1株を除草して、その場その場の状況に合わせて大豆が優先するように大豆と土との関係を調整するのです。あるところは足で土寄せ、あるところは手でちょっと大きめの草を抜き取る、寄せる土の高さも子葉がギリギリ出ているところまで。これで数日後、大豆が反応して動いてきたところで条間を中耕培土する予定です。

今回の除草の適期も数日しかありません。大豆の大きさに雑草がおいていてしまうと、培土しても埋まらなくなり、手遅れ状態で株元除草すると時間は倍増し、大豆の根も傷んでしまったりしてふんだり蹴ったりになってしまいます。
除草剤を使わないから自然農法なのではなく、耕耘や除草のタイミングや方法を大豆と畑(土)の状態に応じて相応しくことにあたり、また現場の自然を読み解いていくから自然農法なのです。
1株ずつ回ることで、場所による土の固さや湿り具合、粒形の大きさの違い、雑草の草種や大きさの違いなどが分かりました。今後畑を使う上で重要な情報です。畑の個性を把握する意味でもかけたい手間だと思うのでした。
IMG_9466.jpg

ちなみに例のアレチウリの畑なので、とってもとっても出て来ます。アレチウリは1株も漏らさず確実に抜き去る必要があります。これもいきなり培土できない理由です。1枚目の写真、Qホーの横に抜かれているのがアレチウリです。こやつらだけは大豆より大きくなるのが速いのです。

暑くて暑くてちょっと挫けそうになりましたが、頑張りました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。