摘心適期

緑肥マルチ栽培のカボチャは本葉6枚目が出つつあり、摘心適期になっています。今日は久しぶりの雨でしたが、それまでの乾燥に耐えてよく生長してくれました。小満で定植し、芒種から蔓伸びと見ていたので、ほぼ予想通りの生育状況です。蔓伸びといっても、子蔓2本仕立てにするので、親ヅルには伸びて欲しくはないわけで、6枚の葉を確認したら、とっとと摘心したいところなのでした。

しかし、緑肥マルチ栽培とはいえ、摘心すると一時的に体内生理が乱れるためにアブラムシを招きやすくなります。乾燥が続いている状況でアブラムシが若干いる状況で、アブラムシが増えやすい生理状態をつくることはやばいのです。というわけで、今日の雨を待って摘心するのが現状ではベストの選択になるかと思います。
IMG_9183.jpg

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ