発酵塩レモン?

昨年秋に広島出身の友人にレモンをいただき、次男が塩レモンを作ったものの、1週間経っても一ヶ月経っても苦くなってしまって食べられず、冷蔵庫の中で放置状態になっていました。それが4月に入った頃から、急に全体が溶けてきたように見えていたので、今日思い切って食べてました。苦くなくなっており、塩味もまろやかになっているのでした。でもレモンの香りはバッチリです。時間はかかったものの、発酵したのだと思われました。耐塩性の乳酸菌なども関わっているのかもしれません。直感的にレモンで作った味噌だなと思いました。次男は何かレシピを検索してやっていたので塩分10%で漬けてくれたのだと思いますが、水分の出はだいぶ少なかったので、保存性を確保するためペーストにすることにしました。タネを除き、念のため食用のクエン酸と、ズブロッカ少々を加えてブレンダーで潰しました。
塩レモンペースト
旨いです。後を引きます。いろいろ料理に試そうと思います。
同じものが再びできるか分かりませんが、秋に再び仕込むときには、タネ塩レモンとして加えようと思います。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。