アブシジン酸

何日か前のFacebookで、玄米食の問題点とかそれを解決する炊き方みたいな話が流れていた(知人がいいねしていた)。ちょっと覗いてみると、「玄米にはミトコンドリアに毒性を持つアブシジン酸が含まれる」という話であった。アブシジン酸(ABA)は植物にとって発芽毒であるが動物のミトコンドリアにも害があり、そのせいで玄米食を続けると調子が悪くなるのだという・・・。

ミトコンドリア毒?発芽毒?なんだそれ?
一体その根拠はなんなのか。元の情報になかなか行き着かない。どうも怪しい。

「アメリカ合衆国・国立科学研究所発表の、アブシジン酸に関する論文」ってのが出てくるんだけれど、原著が何だか分からないのだ。

そもそもそんな研究所は存在しない。

その論文に書いてあるという内容は、「人体に対しABAの作用で、ヒト顆粒球(白血球の一種)で食作用が活発化し、活性酸素や一酸化窒素が多量に産生され、生体細胞内のミトコンドリアが損傷され、諸疾患の原因になることが指摘」されているのだという。

顆粒球のなかで食作用を起こすのは主に好中球。その食作用は異物を丸飲みして内部で殺菌するというもの。
活性酸素や一酸化窒素が多量に産生されるのってどこでどのくらい?
生体細胞内のミトコンドリアが損傷ってどこの細胞の? 
食作用の話とミトコンドリアの話はつながっていないし、意味不明。

そもそもミトコンドリアは真核生物の細胞全てに含まれています。人間だけでなく、すべての動物、カビ類、そして植物。

ミトコンドリア毒だっていうのなら、人間云々以前に、既に植物に効いているんじゃないのか?
タネを生で直接食べてしまう鳥なんか、命がけで食べているのか?
昔っから生き物たちが食べてきたものを食べて人間だけがミトコンドリアを損傷するのか?

突っ込みどころ満載の根拠の分からない話。こんなのがなぜ紹介されて、誰がオリジナルか分からないように拡散してしまうのだろう。何でも原書に当たってみなければいけないと言っているのではなく、問題の本質はそこじゃない。

生物学の知識というよりも、最低限の生き物たちへのイメージを膨らませてみたら良いと思うのだ。

家畜は生のタネ類や乾燥させた緑餌を与えたりするわけだし、野生の鳥は休眠している木の芽(アブシジン酸がいっぱい)や穀物を食べるのだけど、それらの生き物がアブシジン酸で大変な状態になっているのか?

その「厳格なマクロビ食で人間が体長を崩すのはアブシジン酸のせい」だという説の前提、そもそもマクロビ食で体調が悪くなっていうのの実態は何なのか。それはビタミンB12の欠乏かもしれないし、難消化性のものを食べ続けることでの消化不良かもしれないし、そもそも365日完全マクロビ食なんてかなり難しいのでは???など実態が明確でないのに原因も何もない話なのだけど。

それにしても、イメージだけで実態の良く分からない説をそのまま引用したり、いいねしたりするのではなく、実態・実体はなんだろうかとか、他の自然現象とのつながりはどうなっているのだろうとか、ほんのちょっと他の生き物のことを考えてみるとか、ただそれだけのことなのにな。そのままツイートしてしまうっていうのは何なのだろう。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。