秋ジャガイモの謎

今日は秋ジャガイモの調査収穫をしました。立秋定植、立冬収穫の予定でしたが、霜がちょっと早く来たので、地上部は枯れてしまっています。とはいえ、だいたい予定通りでした。
掘っていると、異常に気づきました。

まずこっちが正常なイモのつきかた。
正常なイモの出来かた
種芋は腐りかけており、ぐにゃぐにゃです。茎の周囲に子イモが着いています。

で、こっちが異常なやつ。一見するとイモがいっぱい着いていますが、よく見ると、種芋が子イモのように肥大しているのです。種芋は芽を伸ばすとやがて萎んでいくはずですが、しっかり残っており、それどころか大きく育っています。
異常なイモのできかた
また茎を出したのではない側に子イモを直接着けている!?
こんなのはじめて見ました。これじゃまるでサトイモです。

特に多いところでは、20株掘って13株が種芋が残り、肥大していました。
20株調査してこれは困る
親イモ太らせるエネルギーが勿体ないなぁ〜。

これだけ大きくてしっかりしていると、子イモと間違えて収穫してしまいそうです。子いもと同じように食べられるといいのだけど・・・・・というわけで試食してみました。子イモは掘り立てとはいえ、そこそこホクホクして、風味は満点でした。
試食する
しかし、肥大した種芋は・・・・まずい~~; 味がしない。ホクホクもしない。うー、こりゃ混入しないように収穫せねば。

それにしても、この現象、ネットで簡単に検索しても見つからない。秋ジャガでは起こることなのか。
ううむ。

コメント

これは経験あります。
収穫し忘れの芋から秋に芽が出ていたのを食べたのですが、親芋が残っており、まずいのです。デンプンがないという感じ。

親芋は、春にまた芽を出して少しでも多く子孫を残そうとするのではないでしょうか。親芋からもう一度芽が出るか実験はしてませんけど。
2014/11/14(金) 23:31:07 |URL|あさがお屋 #- [編集]
あさがおさん、ご無沙汰です。

> 親芋は、春にまた芽を出して少しでも多く子孫を残そうとするのではないでしょうか。親芋からもう一度芽が出るか実験はしてませんけど。

太った親イモを食べて見ましたが、ガリガリして美味しくないけれど、多少のデンプン感はありましたね。太ったということは春にもう1度芽が出るのかもしれませんね。
2014/11/17(月) 07:25:41 |URL|わたわた #- [編集]
去年初めて育てた秋じゃがいもで、同じような状態に気づきました。やはり、種芋が成長すのですね。
小さい種芋ばかり植えたのに、大きくなっているのが不思議でネットで検索してここを見つけました。
その種芋から今、芽がではじめています。
実験的に植えてみようかと思ってます。
2016/02/25(木) 19:26:35 |URL|うばゆり #- [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。