研修終了式

今日は研修生の終了式でした。今年の研修生6名全員が最後まで無事研修を終えました。毎年毎年、今日はめでたくもあり、明日からいなくなってしまうことを思うと寂しくもありです。研修生の存在は、彼らに伝えることを通して、自分の理解や伝えるべきことが整理され、深まるわけで、それは本当にありがたいこと。人はとかく自分にとって都合の良いことをありがたいといい、不都合や気に入らないことを迷惑だと捉えてしまうものですが、本当は起こることは全て有り難いことです。有り難いとは、滅多にない奇跡のようなことであるという意味であり、そこに主語はありません。I thank youとは全く異なる発想の言葉です。その「ありがとう」に関わる人間の好みは関係ないことです。有り難いこととは、どういう縁か結いかは人の知るところではないところでの巡り合わせ、仕合わせであって、どうしたわけか今の出会いや出来事がある。今年の研修生との出会いも研修もそうでした。縁もゆかりもない6人が集まり、縁もゆかりもない我々とともに作業し、学んだ。そのありさまを眺めて、有り難いことであるということ。わたわたの中で、作物栽培や土の考えや理解が深まるというのは、わたわたの所有物ということではなく、その出会いやその時の伝えるべき必要によって、わたわたを通して知恵の泉から湧き出てきたことです。わたわたが何でも知っているわけではなく、何でも知っているのは星とナイルだけでした(爆)。そしてありがたいことに、そうしたありがたいことを通して出てきた知恵というのは、共有できる価値あるものであり、この世界の豊かさを表現するものなのだと思うのです。

そんなわけで、自分にとって損か徳かの前に、出来事を有り難いと思うことが先で、最初はあ~ありがたいとか、ありえね~でもいいから、まず眺めるように受けとりたいです。そしてその意味づけはその後に考えればいいですね。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。