ハウストマトの様子

Happy village farmのトマト。6月末に定植した2棟目ハウスのトマトの生育が良くなってきました。この時期に収穫になるものは少ないけれど、一ヶ月後くらいにはかなり収穫物が多くなりそうです。木は小ぶりで玉伸びはバッチリ。
トマトハウスの様子
元肥を堆肥(有機凛々)で窒素成分3kgほど施したのみで、追肥なしです。っというのも、かん水の設置が遅れたためにずっと追肥が出来ないでいて、さらに暑さのせいで4,5段花房がかなり流れてしまったことが幸いし、木は細ったけれど途中から持ち直し、今はゴロゴロ着きだしています。もっとも早めに追肥していたら、8月の日照不足で窒素過多になって病気多発コースとか過繁茂にもなりかねなかったのだから、塞翁が馬ってところはあります。やはりトマトづくりの基本は硬めに初期生育を持って行き、しっかり玉伸びするクセを付けつつ、成り休みや後半の草勢低下を防ぐような水管理などの細やかな管理で、全天候型の木をつくることだなと思うわけです。そして、芽かきや葉かきによって生じたトマトの落葉がトビムシなどによって速やかに分解されて土に返るようになってきており、生育量を増したトマトはちょっと樹木のような生態系をつくってくるんだなぁと思えるのでした。また敷き藁の仕方も細根を維持するポイントがありそう。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。