信州グルメツアー

今日は信州ぷ組経営勉強会からスピンオフした企画として、信州グルメツアーがありました。経営勉強会の講師、土屋薫先生は名古屋を中心とした地域で、中小の飲食店向けの経営コンサルを本業とし、勉強会「集客UP塾」を主催していらっしゃいます。ぷ組では、個人事業主の飲食業者と家族農業を主体とする農家や新規就農者は共通点が多いことから、5年ほど前から経営勉強会の講師をお願いしてきました。土屋先生の勉強会はいわゆる経営分析から入るのではなく、そもそも何を目指しているのか、お客さんから見て、自分はどう見えるのか、自分が社会との関係から必要とされる条件=そのお店や事業のウリを見出していくワークに特徴があります。そんな勉強会の派生勉強会として、3月に講義の中で紹介された土屋先生のコンサルによって個性的な経営を軌道にのせてきたお店数軒をぷ組有志で訪問する、名古屋グルメツアーも行われました。うちもNamiさんが参加し、たくさん美味しいものを食べてきました(羨ましい^^)。
で、今回は名古屋周辺の飲食店様に土屋先生が声をかけ、信州の農家を飲食業の方が訪問するという信州グルメツアーとなったという経緯でした。今回はテストケースということで、昼から夕方までの半日で回りきれる日程で組もうということで、土肥農園-Happy village farm-春庭農園-りんご屋すぎやまの4軒で行いました。
10464415_699116480168546_6478281006461165757_n.jpg
とはいえ移動距離がそれなりにあるため、1軒あたり30分。Happy village farmはトマトハウスのあるロック畑を見学していただき、ハウス前に日よけを張り、豆類とトマトを試食していただきました。農園のコンセプト、特にオリジナル品種の特徴や展望など短い時間で効果的に伝えるというのは、よく考えてみると土屋先生の講義で1分で自己紹介してくださいワークの拡大バージョンでした。作物のある時期に現場でものを見ていただく、一見シンプルなことのようですが、やってみると準備からかなりバタバタしました。
やってみると、野菜の育つ姿を見て、食べていただきながら、農産物の話を具体的にできる意義ややりがいを感じ、また挑戦したいと思いました。今回、自園での段取りやプレゼン、ツアー農園間の連携も含めて良い経験ができました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。