大根のタネ刈り

庭の採種圃場で花を咲かせていた大根の鞘が収穫適期となったので、刈り取りしました。
大根のタネ刈り
開花はじめの頃は着鞘がイマイチでしたけど、ちゃんと着鞘。タネの入りもまずまずです。昨年に引き続き、母本の越冬率は高いです。青首系は信州での越冬・採種は難しいですが、三浦系はいけるようです。会津地方の赤筋大根も練馬の血筋が混ざっているし、三浦はもともと練馬大根なので、寒さには強くなる要素があるのかもしれません。
さらに今年は越冬時にトンネルをかけておいたので、結果として母本の傷みが少なく、昨年秋に選んだもの全てが越冬・採種できました。
さぁ、今年はどんな大根に変化していくか、タネまきが楽しみです。ってそのまえに調整しなければ(^_^;

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。