芥藍

芥藍(カイラン)。英語では Chinese Kale。学名はBrassca Oleracea var. alboglabra、ケールから独自の分化を経て中国から東南アジアの熱帯地域に土着したキャベツやブロッコリーの仲間です。キャベツの仲間の花は、通常は黄色(レモンイエロー)の花弁ですが、芥藍は花弁が白いものが多いというのも特徴です。
カイラン
日本でもタネは売られています。わたわたはこれが好き。暑さに強いのでちょうど今頃の季節からが旬です。定番はオイスターソース炒めかなぁ(つくったけど写真取り忘れ)。
日本ではあまり馴染みがないのですが、実はスティックセニョールなどの茎ブロッコリーと呼ばれる品種群は、この芥藍とブロッコリーの掛け合わせから育成されています。あの茎の部分の旨さはブロッコリーと芥藍の良いとこ取りだからでしょう。芥藍より茎ブロッコリーは収量が多く、すっかり日本では市民権を得ています。生産性でも市場性でも芥藍がはやることはないかなとは思いますが、自給用には是非つくりたい野菜だと思っています。
育種的にはむしろBrassica napus のかき菜との遠縁交雑の方へ持って行って、「夏かき菜」なるものができないかな〜なんて妄想します^^

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。