ハウスブロッコリー

信州ぷ組の宮坂さんから朝、いきなり電話があり、今年からトマト栽培に使う予定で借りたガラスハウスで、トマトの前作でブロッコリーつくったらすごい出来なので見に来ないかとのこと。一目見ておこうと行ってきました。
宮坂農園ブロッコリー 宮坂農園ブロッコリー2
長年カーネーションを栽培してきたガラスハウスで、見るからに塩類集積圃場でした。ぷ組土の会で塩類集積圃場については勉強したことがあるし、ぷ組の鈴木さん(suki flower farm)さんの高EC圃場での取り組みも知っていたので、今季は無施肥で植え付け、水だけで管理し、後半は水もやっていないかったとのことでした。施設内で虫を入れないようにしているため、無農薬です。

茎が太く、しっかりしたドーム型のブロッコリーができていました。目下の悩みは収穫が間に合わないとのこと。
水だけで栽培したのが功を奏したものと思われます。後半は周囲の水田に張られた水によって地下水位が上がり、地下から水分は吸えているものと思われました。

とはいえ、通路はしっかり塩類集積していたので、トマトへの切り換えに一工夫が居るかな。その辺りの話も現場で情報交換することができました。

もともと相談事があったわけでもなく、ハウスを借りて、地主さんの勧めてブロッコリーを作付けして、出来が見事なので、情報としてシェアしたいということだったのです。ただ自分事として取り組んでいることが誰かの役に立つかもしれない・・・そのちょっとした意識の向け方と1本の電話。それがぷ組を支えているんだな〜って思いました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。