スコットさん訪問

5月6日、オーストラリア人のスコットさんが農民連の方と一緒に自農センターの見学にいらっしゃいました。わたわた、英語混じりの日本語で(!)、畑を案内させていただきました。
スコットさん訪問2
まだ作物が少なく、緑肥などの育成中ですが、どういう機作を想定してこの栽培方法をとっているのか、すなわち栽培を通した育土や作物の根張りを引き出す目的で栽培方法を組み立てることが、結果として無農薬栽培可能な耕地生態系づくりになっていくという物語(=仮説)を説明し、科学的に検証できている点を少し解説しました。とても興味深く聞いていただけたと思います。

次に実際の農家の現場で、育土を意識した栽培の取り組みをしている事例として、土肥農園さんを案内しました。「スイカの葉形や蔓の伸び方が根の形や働きを示していると考えており、この育て方と育土とがセットになることで、結果として品質と収量性が両立するし、環境保全にもつながると考えている」という説明には、エクセレント!っておっしゃっていました。
スコットさん訪問 どスイカ生育中
また同時に、土肥さんから新規就農を取り巻く環境やそのなかで信州ぷ組を立ち上げた経緯についても話してもらいました。農法で垣根をつくらず、科学的な手法・知識やその背景の考え方を勉強会を通して学ぶと同時に、常に現場で作物の育ち方を読み解き、知識の活用を図ることで、自ら結果を出し、仲間にもシェアしていくというぷ組の取り組み。オーストラリアの若い農民にも是非紹介したいとのことでした。いずれ、ぷ組の取り組みの講演を海外ですることになるかもしれません。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。