立夏のタネまき

太陽黄経45度の立夏となりました。育苗日数の短い夏野菜やハーブ類の播種。自家採種の丸さやオクラは鞘のままタネを保存しておき、播く直前にタネを出しました。オクラは密植すると生育を補い合い、適度な葉の茂りができることで柔らかな鞘になるということで、1穴に5粒播種し、4本で1株となるような苗に仕立てます。36穴連結ポットに播いて、7.5cmポットに鉢上げし、根が回りすぎないうちに定植します。小満過ぎれば植え付け可能だけれど、芒種に近づけてから植えた方がアブラムシ被害が出にくいようです。
オクラたねまき

ハーブ類は育苗箱にすじ播きして、芽が出てきてから必要株数を36穴連結ポットに鉢上げする予定。
オクラたねまき3
チャイブは育苗箱のまま、他のハーブがなくなったスペースへ広げていってもいいかな。タネまきしながらアイデアが広がる。やはり技術は現場で生まれるんだなぁと実感。

ズッキーニと小玉スイカとニガウリ。
オクラたねまき2
ズッキーニはウイルスに強い最新のF1品種“ゼルダネロ”。とりあえず自家採種してみようと思います。同じpepo種で完熟果を食べるテーブルクイーンっていうのがあるけれど、ズッキーニの完熟果ってどんな味がするんだろう。タネとり時の楽しみにしておこうっと。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。