勝沼でぶどうの植え付け作業

今日はわたわたとNamiさんは3年前から関わっている「鳥居平ワイン倶楽部」の作業&ワイン試飲会に参加。この会が一年中活動していますが、わたわたたちは一年に1回、この時期くらいしか参加できません。それでも結構楽しみにしている作業です。場所は、山梨県の勝沼、鳥居平。ここの耕作放棄地だったところを有志で開墾し、ぶどう「甲州」の植え付け、大事に育て、ついに2013年秋に初収穫を迎え、東夢ワイナリーさんの協力のもと、初ワインができたのでした。今日はその試飲会でもありました。
ぶどう定植140406-1 
ここの景色は最高です。勝沼の鳥居焼きをやる山の斜面のすぐ下。なので、急斜面です。甲府盆地全体が見渡せます。
ぶどう定植140406-3
急遽、ぶどうの植え付け時に株元に混ぜ込む土をつくりました。黒土に苦土石灰と溶リンをまぜ、バーミキュライト、腐葉土を混ぜて原土としたのちに、ゼオライト・鹿沼土主体の野菜用育苗用土を混ぜました。これを現地の山土に混ぜながら根の周りに充てました。
苗木の根が八方へ伸びるように丁寧に植え付けます。植え穴が狭くて根が窮屈に植え付けてしまうとうまく活着できないらしいのです。
ぶどう定植140406-2
これが初ワインです。
TWCワイン
うっすらピンクがかった透明な白ワインでした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ