黄金かぶの選抜



今日はうちファームの黄金かぶを選抜し、自宅裏庭のタネとり圃場へ移植しました。黄金カブは、いわゆるカブ(Brassica rapa)ではなく、洋種ナタネ(Brassica napus)の仲間の野菜です。作物の別名では「ルタバカ」ともいいますが、うちの黄金かぶは写真なんかで紹介されるルタバカより形状がよりカブっぽいのを選んでいるので、ルタバカという名前は使いたくない。というか、だいたい、そのルタバカって名前、何とか何ないのかな(笑)。

黄金かぶは、耐寒性・貯蔵性が高くて、信州の露地で春まで持ちます。肉質は硬く、甘みが強く、カブとコールラビやブロッコリーの茎の風味を合わせたような味がします。基本的に加熱食した方が美味しいので、温野菜サラダや煮食向き、特にポトフに最高に合います。ポタージュスープもいいですね。

2年前に無選抜で自家採種してみたところ、越冬・タネとりできることは判明。しかしその世代も次世代も根部の太り具合や形状、黄色の発色具合にはバラツキが多くありました。昨年は種とりしなかったので、今年はまず太りと形状の良いものにしていこうということで、しっかり選抜しました。3年くらいかけて土着させ「信州黄金かぶ」と呼べるものにしていこうと思っています。

今日はさらにカリフラワーとブロッコリーと金時ニンジンを収穫。今年のカリフラワーは会心の出来具合です。というか、食べきれないあせあせ

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。