今年も光焼け

気をつけて少しずつ馴化していたのに、今年も焼いてしまいました。昨日生じたトマトの葉の光焼け。
トマトの葉焼け トマトの葉焼け2
培土の水が切れたワケではありません。この季節の屋外なので暑かったわけでもない。原因は強風と強い陽射し。

強風→蒸散が進み過ぎて葉の水分が急速に失われる→土に水分はあるが供給が間に合わない→気孔を閉じる
気孔が閉じる→二酸化炭素を取り込めない・蒸散できない→光合成で生じた還元力の暴走→活性酸素の発生→葉焼け

去年も出ている症状なので、徐々に日光に慣らしながら葉焼けを防ぐ十分な量の色素の誘導などを促してきたのですが、それにしても昨日の晴天、陽射しは強烈でした。そこに加えて強い風。昨日、農の会幹事会へ出かける前、風が出てきてるなぁと思ったので、土が乾燥し、苗が萎れて、葉の一部が回復できないくらいに萎れるってことのないようには気をつけてかん水量は増やしておいたのですが、土が湿っていても出てしまう葉焼けまで生じるとは・・・。やはり室内育苗から露地への馴化はもっと慎重に馴れさせる必要がありそうです。枯死したものや回復不能な株はないので回復を図っていこうと思います。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。