阿南町へ

今日は職場で使うための堆肥を買い出しに行きました。阿南町のみたぼら農園さんです。平飼い自然養鶏の鶏糞なので、そもそも鶏糞自体が炭素分が多くて窒素分が少なめ。それを土ぼかし(土を加えて発酵させて完熟させたもの)にしたものなので、土に馴染みやすく、春先の低温期の野菜栽培に適していると考えています。いつもは鶏糞をもらってきて、自分のところで土ぼかしにするのですが、今年はハウスが倒壊してそのスペースがないので困っていたら、みたぼら農園さんでつくったものがあるということで助かりました。

みたぼら農園さんでは、大雪のその後の対応について、立ち話でちょっと情報交換。下伊那地域では、農業委員さんたちで協議して、色々と要望を自治体へ提案したりしているのですが、その中で「つなぎ資金」という考え方がありました。前日のぷ組MTGに県議さんがヒアリングに来てくれて、その際にぷ組からいろいろと意見やアイデアは出たのですが、その際には「つなぎ資金」の発想はなかったので、情報交換は大事だなと思いました。「つなぎ資金」は国や県からの補助は、領収書などが全部揃ってから出てくることが多いので、蓄えの少ない農家にとっては、そもそも発注ができなかったり、手付け金を払えなかったりする場合があると。なので、要望として出したのは、「用途を限定しないつなぎ融資」。どんな用途で必要になるかはその農家ごとに異なるので、実情に合わせ、生産意欲をなくさないために必要な方法とのことでした。なるほどだなと思いました。

帰り道、辰野PAに立ち寄りました。
辰野PA
お菓子やお土産の間に停止表示板△。やるな、辰野PA。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ