甲午年睦月朔日

今日は旧暦の元旦です。あけましておめでとうございます。今年は甲午(きのえうま)年。和暦というと平成二十六年と言いたいところだけど、その区切りもグレゴリオ曆に合わせてあるので、とりあえず旧暦と表現するのがいいんだろうと思います。旧暦は太陰太陽暦。ひと月の巡りは月の満ち欠けと一致しており、月の呼び名も、睦月から師走までの名前はまだ生き残っているので、その月を何月と呼ぶかについて、二十四節気(の中気)とほぼ連動しているから、そのルールさえ知っていれば、太陽(=地球の位置)と月の位置とハモった感覚で何月何日は捉えられると思うのです。閏月も月と地球の位置の時間合わせって考えればよりリアルに地球の位置を意識できるしね。

というわけで、月日を捉える感覚は月と太陽を見ていれば分かりやすいは良いとしても、「年」に関しては、干支を使って60年周期で呼ぶことがすっかり一般的ではなくなっているので、今年はいつ?って感覚の指標って何かあるのでしょうか?ちなみに今年は60年周期の31年目です。
干支組み合わせ
西暦1年を旧暦も1年にして60進法で計算すると、2014年は34サイクル目の34年目になる(33サイクル完結で1980年)。そうすると、丁酉(ひのととり)になって3年ずれてしまうから、西暦4年を旧暦1年とすれば合うのかな。そうすると、今年を3334年って表記するとか?いやこれでは直感的に今年が何年目か分からない。60進法ってのがそもそも馴染みがないのがいけないのか。

うーむ。そうなると、西暦(グレゴリオ暦)はこれはこれで便利だから、ビジネスとか行政とかはこちらを使うことにして、やはり元号は太陰太陽暦にして、節句とか文化行事とか風習とか六曜などの暦にしていったらいいんじゃないかな〜。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。