29日月と金星と水星と

今日は愛知県知多半島へキャベツの調査に行ってきました。朝5時出発でした。行きの車から東の空に師走29日の月が見えました。金星と仲良く並んでいました。太陽を回る金星は1月11日に地球と太陽の間を通過していって、日の出に先だって見える位置まで太陽から離れつつあるわけです(西方離角ってやつね)。月は明後日太陽と地球の間を横切る(=新月)になるわけですね。金星の軌道と月の軌道を思い浮かべながらみることができました。
28日月
そして、帰路では松本盆地まで帰ってきた夕方6時頃に西の空に今度は水星が見えました。わたわたの住む波田は西の山際にあるので、低い西の空にうかぶ宵の水星(東方離角の水星)は見えないのですが、ちょうど高速道路が松本盆地の東端を通る位置だったので、西の山の縁ギリギリのところに水星が見えたのです。写真は撮れなかったけど。

1日のうちに29日月と金星と水星と天体ショーが見れて、とっても得した気分でした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。