いーしー

今年のデータをいろいろまとめている時期です。おなじ土目の畑で管理が違うところがあるので、もしかしてって思って管理履歴の違いで分けて、それぞれでECと硝酸性窒素濃度とをプロットして近似直線をつくってみると、育土が進む方向で管理していくと、直線が寝ていくように描けました。極端に描くとこんな感じ。
snap_blogwatawata_201411234136.png
ECは上がるけれど、硝酸イオンはそれほど高くないともいえるし、近似直線の信頼性が低いということでもある。これはぷ組の何人かの土壌診断データなんかでも前々から見えつつあったことで、たぶん有機物が増えてくると、電気は流れるのに、硝酸イオンとしては検出されなくなるってことなのだろう。
しかし、じゃ、そのECって何が電気を流しているんだろう?ううむ、実際は直線の傾き差はもう少し微妙だし、実態解明にはもう1歩の踏み込みがいるかなぁ。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。