茨城へ帰省

今日は家族でわたわたの生家の茨城へ。1年に1回、この時期しか来ないのだけど、姪っ子たちの成長ぶり以外はいつもあまり大きな変化はないなぁと思っていた・・・ら!今年はびっくりしました。わたわたの父は、新巻鮭をさばいたりするのは見たことあったが、料理はしない人だと思っていたのですが、今日、来てみたら、そば打ってました。なんか昨年秋あたりから、漬け物漬けたり、そば打ったりとはまったらしい。

わたわたの記憶では、わたわたが子どもの頃、父は台風で用水路に水が溢れていると聞きつけると、どう考えても、うちの家族全員で食べたって食べきれないでしょ!っていうくらいのドジョウを獲ってきたり。食用蛙(ウシガエル)を捕まえてきて調理して食べていたりしていた。また父が中学生のころの写真といって白黒の写真を見せてもらったことがあるが、蛇を持ってた。飼っていたんだとか〜〜;

よく考えると、この人、よく分からない。まぁ、人のことは言えんですが(^_^;。

そして、蕎麦打ち始めましたとのこと。

わたわたは山芋アレルギーで食べられないので、わざわざ卵つなぎで打ち直してくれてありがたかった。
「つなぎを変えると、硬くて打ちにくくなるんだよ」と言っていたが、ちゃんと麺になっていた。
硬くても力尽くで伸ばして麺にしちゃったらしい。さすがというか(^_^;

蕎麦も、白菜漬けも、沢庵も美味しかった。やるじゃんか。
うちの赤かぶ漬けを持ってくれば良かったです。

そんなわけで、わたわた、素直に嬉しかったです。
なので、天ぷら揚げて、蕎麦に添えました。また蕎麦のつけ汁もつくりました。わた本家伝統の作り方に、わたわたアレンジちょっと加えて。
もちろん、大好評でした。

なんだか、今までにないお正月です。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ