農の会定例研究会のご案内

わたわたが幹事をつとめる農の会の定例研究会のご案内です。今年は2/1-2に開催します。誰でも参加可能です。たくさんの皆さまのご参加をよろしくお願いいたします。
---
農の会2014年定例研究会
農業にとって自然とは?
〜自然を活かす農業経営の取り組み

私たちは緑豊かな田園風景を観て自然を感じたり、一方で人手が入らないことを自然のままと表現したりします。安心・安全な農産物や無添加食品は自然志向と言われています。
自然って何でしょうか?
人間と自然は対立するのでしょうか?
農業にとって人為を排することが「自然」なのでしょうか?
自然とは何かを深めることは農の本質を捉え直すことにつながると思われます。

研究会 (2 月 1 日 ) では、「農」と「自然」の関係を深めるための基調講演と自然と日々向き合う農業経営者からの事例発表、その後ディスカッションで考えを深める場をつくりたいと考えております。
農業者だけでなく、生活者・消費者も含めて「農の会」らしく科学する視点を軸に参加者全員で 農業と自然の関係を考える機会にしたいと思います。会員内外の様々な立場の方々が広く参加いただ きたいと考えています。


活動報告会 (2 月 2 日 ) も会員・非会員問わず参加できます。活動報告会では「ピートン研究会」 に加え、作物・品種特性や土壌特性を活かすため、土壌改良、緑肥活用、雑草対策、機械整備の取り 組み等々会員の個性的な農業実践や活動が次々と報告されるヒント満載の情報交換会を企画しています。
多くの皆様の参加をよろしくお願いいたします。


2014 年 2 月 1 日(土)〜 2 日(日)

新宿農協会館 8F(渋谷区代々木 2-5-5 新宿駅南口徒歩5分)
◆参加費:研究会 2,000 円、 懇親会 4,000 円
※ 参加申し込み時に、懇親会の参加予定を明確にして頂きますようお願い申し上げます。懇親会場は別会場になります。
宿泊は各自で手配願います。

申込み締め切り:1 月 25 日 ( 土 ) 資料等の準備に必要ですので、期日までに必ず申込みをして下さい。
FAX 専用電話:0263-92-6683

◆スケジュール
2月1日(土)
13:00 開場・受付
13:20 研究会開会 テーマ「農業にとっての自然とは〜自然を活かす農業経営の取り組み」
13:30 基調講演1
新たな文明・社会と〈農〉の人類史的意義 東京農工大学名誉教授 尾関周二氏

14:40 基調講演2
自然農法ー生態系をつくる農のあり方 - 公益財団法人自然農法国際研究開発センター
( 講師要請中 )15:25 休憩
15:40 事例報告 3 題
埼玉県 ベジタランド清水 清水誠市氏
長野県 りんご屋すぎやま 杉山栄司氏
神奈川県 NO-RA~農楽~ 千葉康伸氏
17:00 総合討議
18:20 終了
19:00 懇親会(別会場)
21:00 終了

2月2日(日)
9:30 活動報告・情報交換会、ピートン研究会
11:00 農の会総会
12:00 終了

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。