会合

昨日の夕方から今日の夕方までのほぼ丸1日。職場の全体会合(研修)でした。自然農法について全体で1つの課題があり、11月中に全員が一応の個人案を作成し、今回の会合で班に分かれ、それぞれの班ごとに課題を班員の全員一致の案にまとめるというもの。三人寄れば文殊の知恵といいますが、ひと班あたり5,6名だったので文珠も2倍くらいだったでしょうか。個性的な人が多い職場ですが、さらに班分けによっても個性が出て面白い会合になりました。わたわたは班長を仰せつかりました。班長といっても色々で、自分が引っ張っていく人、班員に助けられる人、タイムキーパー的にとにかくまとめることを意識する人、内容を重視する人などいろいろです。わたわたはわたわたで自分の意見もありましたが、全体を見渡して、さらに所属する班の位置づけと構成員の個性の強さを考えると、引っ張っていくリーダーシップではなく、「湧き上がるリーダーシップ」が良さそうだと思えました。雁の群れが飛んでいくように特定のリーダーが先頭に立つのではなく、かといって方向性なくバラバラな議論をするのではなく、誰がファシリテーターか分からないようでありながら、一定の到達目標に対して、それぞれが自分のできる班への貢献をしながら進んでいくという展開です。これが見事にはまりました。普段だと自分の主張ばかりしそうなメンバーでしたが、人の意見を聞き、すり合わせや統合に積極的に機能しました。例えば、単純な意見の結合や並べ替えでは足りず、わたわたが短い作文を考える役になっている間は、他の班員がリードして議論を進めるなどチームワークが発揮され、とても気持ち良く作業が進みました。夜中1時まで話し合い、翌朝も8時スタート。そして制限時間5分前に仕上がったときの達成感はなかなかのものでした。全体会合はみな疲れがでていましたが、各班の個性が出ていて、これも面白かった。有意義でした。
企業、団体の研修・人材育成のあり方として、ファシリテーションや会議運営のテクニックの研修を行うという道もあるのかもしれませんが、こうやって実質的な取り組みを積み上げていって、振り返ってみるとスキルが上がっているという実質本位、中身先行型の研修はいいなと思いました。

帰りは寝不足と疲れでひたすら脱力してました。
駿河湾に沈む夕陽
神無月の晦日、駿河湾に沈む夕陽がキレイでした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。