鞍掛豆の脱穀つづき

今日は朝起きたら雪(‥? え〜っと思ったが、空一面の雲も何となく晴れそうな雰囲気だったので、鞍掛ダイズの脱穀の続きをやりに畑へ。畑に置いておいた脱穀機にかけておいたブルーシートに溜まった雨水が凍っていて、一瞬ひるんだけれど、
脱穀機に氷
とにかく脱穀開始・・・・しかし、朝の早い時間はやはり莢が湿気ていて、うまく脱穀できないのでした。そこでピーマン類の片付けをやりながら、気温が高くなるのを待ち、11時頃から脱穀開始。
身体が作業を覚えたので、前回より随分早く進んだけれど、ほとんど疲れはない感じ。おそらく身体の疲れない使い方を前回の作業で覚えてしまったということなのだろう。人間って良く出来ているなぁと感心しました。

風は冷たいし、山に雪が降っているのも見えるけど、太陽が出ていれば結構ポカポカで、気持ち良く作業できました。11/3に播いた小麦も発芽していて、やはり立冬前に播くって大事だなと思いました。
小麦発芽
昼ご飯に自宅と往復する時間や食事をつくる時間も勿体ないので、畑でランチ。
畑ごはん
お結びは食べると元気になります。味噌汁もあるし、高菜のマヨ炒めが美味しかったです。
りんごがあるだけでなんかピクニックっぽい。

今日予定していた分量を終了。
鞍掛脱穀あと少し
残りは明日Namiさんに任せよう。

寒かったので、夕飯はわたわた特製カレー鍋。
カレー鍋
もちろん締めはスープカレーでした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ