信州高菜

信州高菜。自然農法センターの品種で紫高菜と山形青菜とを交雑させ、その後代から葉が紫色で晩抽で耐寒性の高いものを選んで固定させた品種。同じような紫色のカラシナ品種「レッドマスタード」に比べると、苦みがなく、旨味と辛味があるのが特徴。かつお菜のようにお浸しや汁の実にもいいし、もちろん高菜なので漬け物が美味しい。この信州高菜は自農センターで栽培したものを少々もらってきた。
信州高菜

早速、即席の高菜漬けにしてみよう。
信州高菜2 
まずは塩をまぶして、あく抜きをする。

20分ほどしたら絞って、軽く水を通して余分な塩を落とし、醤油少々で味つけ。
食べ方の1例としては、
信州高菜3 信州高菜4
破らないように広げて、ご飯をまく。ご飯は酢飯にしても美味しいし、軸の部分を細かく刻んで菜飯にして、それを巻いてもいい。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。