たねとり終盤

夏野菜のたねとりもだいぶ終盤になってきました。写真はピートン三世(仮称)のたねとり。わたわたパプリカ×ピートン二世信州系という組み合わせなので、パプリカ側からタネをとります。
パプリカタネとり130924-1 パプリカタネとり130924-2
ピーマン類のタネは水洗いせず、そのまま乾かします。

こちらはピートン二世の今年の選抜個体。秋の深まりともに色づきが一段と良くなってきました。
ピートン原種130925

丸オクラ。短節間系統を育成中。素材に赤オクラを使ってしまったため、赤オクラにはならないくせに鞘にアントシアンが少し出るという中途半端になってしまいました。低温でも発芽がいいとか、大鞘にしても柔らかくて美味しいのですけど、見た目がイマイチなのが欠点。まだまだ改良の余地いっぱい(^_^;
短い節間オクラ130925

こちらは調理用トマト。左から順にサンマルツァーノ、わたわたクッキングトマト、なつのこま。
調理用トマト3種
今までサンマルツァーノはうまくつくれなかったのだけど、雨よけとポリマルチしたら豊作。やっぱり日本の夏は苦手なんだなぁ。サンマルツァーノはオーブン焼きとかピザの具材にはやはり合う。雨に抜群に強いわたわたクッキングトマトと掛け合わせしたら良いとこどりできるかな。

生のサンマルツァーノが籠なんかに山積みになってる風景とか、観てみたいな〜。
タネとりの季節はいろいろ夢が膨らむなぁ・・・・。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ