台風のあと

昨日、富士宮から波田へ帰ってきた際、まず畑を一回り。ピートンの枝が少し折れていたが、大きな被害はなかった。
台風18号後130916
ダイズはもともと倒れていたのだけど、何と!バラバラに倒れていた向きが全部揃っていて、かえって整然としていた。

今日は台風一過の青空で、朝から職場の畑も一回りしたけれど、トウモロコシが傾き、ダイズが少々ねたけど、大きな被害なし。キャベツはかえって元気がでたような感じ。台風の雨は温かく、エネルギーがあるのかもしれない。台風18号一過2
それをうまくトラップする畑のつくりっていうのがあるのかな。通常の肥料学とか作物栄養学などでは見落とされているものがあるような。




そう言えば、昨日の夕方の波田上空。周りの地域の雲は晴れてきていたが、ここだけ大きな雲がずっと乗っかっていた。なんか「待っていたぞ」と言われた気がして、車から降りると「これで役者が揃った」と言われたように思いました。「お待たせしました。ようこそ、信州の地へ」と空にむかって手を広げました。
台風18号後130916雲
台風にのって、海の神さまが山へやって来たのかな。穂高見命ももともとは海の神さまだから、こうやって海と山のエネルギーの交流があるのかもしれない、安曇連が海の神さまとともに信州へ移り住んだのもその流れに沿ったもので、自然なことなんだなと思いました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。