ピートン三世の来年へ向けて

ピートン三世(仮称、パプリカ×ピートン二世)がJ、出荷先のA松本ハイランドの直売所ファーマーズガーデン山形店にてよく売れるようになってきた。夏野菜がだいぶ出なくなってきているなかで、通常の大きなパプリカなどはまだまだ並んでいるし、普通のピーマンの赤くなったものをもってきて安く売っている人もいるのだが、ピートン三世は比較的効率よく売れているように思える。ある程度認知されて、毎回購入してくれる人がついたのかもしれない。

暑さが落ち着くと同時に、タバコガ被害や日焼けも少なくなり、果肉もさらに厚みをましていて、果皮はピカピカ。
ピートンF1人気上昇中
涼しさで甘味が増しているし、元々酸味があるので、味はとても良い。サラダにも向くし、味が濃く肉厚なので天ぷらやピザの具材にしてもしっかり存在感がある。品種としては完成と評価しよう。
次年度用種子の採種もぼちぼち順調。

次年度に向けた栽培上の課題は、
夏場の虫害対策と、暑いとこの食味や外観の深い赤色が出ないので、遮光を入れたハウス栽培の方が良いだろう。
果実が重くてたくさん着いて、枝が折れるから、誘引を的確にすること。
肥培管理としては、元肥を控えてアブラムシ害を出さないようにすることとやや高畝にして、通路をしっかりかん水かな。雑草対策の防草シートも必要か。施肥量自体はそんなに多く必要ないように思える。

ガブリエルイエローのF2もそこそこ出荷できている。
ガブリエルいえろF2結構つかえる
こちらはバラツキあるものの、次世代が楽しみな個体がいくつかあり、見る度に来年が楽しみになる。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ